張 鶴(チョウ カク)二胡奏者&鶴翔二胡楽団芸術監督:中国音楽家協会二胡学会会員・中国民族管弦楽協会二胡会会員・NPO法人日本二胡振興会会員

二胡検定について

今、日本では、二胡の愛好者が増えていますが、系統的、規範的、専門的な教育環境が、整理されていないことなどが問題です。
演奏技術の向上、実技能力到達度の確認を目的とし、今後の練習に役立てていただくために、この度二胡検定試験を設けました。

二胡検定試験の等級は1級から10級まであります。
等級が上がるほど難易度が増し、10級は最も難易度の高い級となります。
試験はすべて演奏実技で行われます。
この二胡検定試験は、張鶴二胡教室と中国民族管弦協会と共催しています。
現時点での日本の現状を考慮し、1級から5級までは日本人のために設定し、6級から10級までは中国とほぼ同じ水準です。

中国民族管弦協会の監督と指導の下、日本人の二胡演奏のレベルアップに役立ててもらえたら嬉しいです。
たくさんの日本人のプロ演奏者が生まれる日を期待しています。

特典
① 試験終了時に講評、問題点の指導を行います。
② 優秀な方は、後日優秀者演奏会を開き演奏参加が認められます。